コンドロイチンがいいみたい

最近、義理母が膝が痛いとよく言う様になった。念のため一緒に病院へ行ったら、変形性膝関節症だとか。私もはじめて

きく病名だったので調べてみたら、変形性膝関節症はひざの関節軟骨がすり減って痛みが起こる病気らしい。痛みが相当

あるみたいだね。痛いからと言って歩かなくなってしまうと今度は筋肉が固まってしまうよね。どうにかして少しでも傷みを

和らげる様にしなくては。簡単に考えれば軟骨を増やせばいいのかな。軟骨は、主に水やコラーゲン、コンドロイチン硫酸や

ヒアルロン酸などのムコ多糖類で構成されていて、加齢と共に体内での生成能力が衰え、減少していってしまうらしい。病院では

湿布を処方されただけで薬などは何もなかったらしいが、調べてみたらコンドロイチンを摂取すると、関節軟骨の柔軟性や表面が

なめらかになって痛みも減るとか。早速コンドロイチンを購入して飲んでもらおうかな。

Comments are closed.

Post Navigation