痛みを感じないためのグルコサミン

縁の下の力持ち!そんな言葉がぴったりの健康食品がサントリーのグルコサミン&コンドロイチンです。

関節痛を訴える人は、多くの場合「朝、起きたとき手がこわばった感じがして動かしにくい」とよくいいます。手は日常もっともよく使う場所なので、特に症状を感じやすいのです。

たとえば枕もとの目覚まし時計を止めたいのに、手がこわばってうまく止められない、寝床から体を起こそうとしているのに、どうもスムーズに体が動かないという症状があらわれます。

そうなる前に、サントリーのグルコサミン&コンドロイチンを日々常用することで痛みを和らげたり、軟骨が生成されることで関節痛が起こらない場合もあります。

痛みがなくても、関節が炎症を起こして腫れているため、体をうまく動かせなくなっているのです。

このような症状が出たら、やがて痛みを感じるようになります。関節を抑えると痛みを感じる「圧痛」や、体を動かすと痛む「運動痛」が代表的な痛みです。

サントリーのグルコサミン&コンドロイチンを日々常用することで関節痛の痛みがなくなればいいですね。

参考⇒グルコサミンZ.COM

大正製薬のグルコサミン

体を動かすとギクシャクする・・そのような場合は大正製薬のグルコサミンをお試しください。
ギクシャクするのは骨と骨をつないでいる軟骨が少なくなっていることが原因です。
軟骨が少なくなると関節痛の原因にもなります。

関節に現れる症状には、痛み、炎症、関節の動きの異常や制限、関節の変形・破壊などがあります。
変形とか破壊は大げさですが、関節の炎症はよく聞く言葉です。
ここまでくると医師の処方が必要ですが、日々の暮らしでちょっとした違和感を感じる時は、大正製薬のグルコサミンをお試しください。

「関節軟骨の磨耗と変形」などは、主に加齢による老化が原因ですが、日々の生活の中では正しい姿勢をとることで、関節軟骨の摩耗と変形はある程度防ぐことができます。
基本は丸くならないで背筋をピンと伸ばすことですね。

大正製薬のグルコサミンは、体を動かす基本となる関節軟骨の生成に欠かすことはできないグルコサミンを効果的に摂取することができます。